電子書籍リーダー ~ Kindle Paperwhite

最近読書はほぼ電子書籍リーダーKindleです。

以前は紙の本が中心でたまにKindle利用という感じでした。

 

今はKindleで読めない本は購入していません。

読まなければならない本/読みたい本がKindle対応していなかった場合どうするか?

さてどうしよう?

自分の過去の読書履歴を振り返って考えてみました。

「この本を何がなんでも今急いで読まなければ」というような状況の記憶がほとんどありません。専門書や受験本はのぞいて。

「この本を何がなんでも今絶対に読みたい」という気持ちなった記憶もほとんどありません。

ので、おそらく読書をKindleのみにしても支障はないだろう、と割り切ることにしました。

 

私が感じる紙の本とKindleのいいところと面倒くさいかもと思うところを洗い出してみました。

 

「紙の本」いいと感じることベスト5:

・読んだ気がする

・増えていく本を見つめながら満足度が高まる

・ぶらりと立ち寄った本屋で気になった本を思いつきで買える

・蛍光ペンで気になる箇所に思いのまま気楽に線をひける、メモできる

・読み終わった本は興味ある人に貸せる、あげることができる、古本として売れる

 

「紙の本」面倒くさいかもと思うところワースト5:

・保管場所に困る、かばんの中がかさばる

・どこに保管したかわからなくなり、迷子状態になることがある

・ほこりがたまる

・蛍光ペンで引いた線がゆがんで見栄えが悪くなり、読み返す気がしなくなる

・風呂で読むとしわしわになる

 

「Kindle」いいと感じることベスト5:

・本を無料で買えたり、安く買える

・大量の本を保管できる

・マーカー機能で記録した箇所を後で簡単に読み返せる

・風呂でも読める

・夜就寝前、薄暗い場所ところでも読める

 

「Kindle」面倒くさいかもと思うところワースト5:

・立ち上がりやマーカー機能の反応が遅くてイライラすることがある

(とは言え、たったゼロコンマ何秒かの世界。使っていれば馴れてきます)

・紙の本しか出版されていない場合

(とは言え、Kindle対応している本しか買わない、と割り切ればOK)

・古本で売れない

(とは言え、最終的には古本として売却して得られたお金とKindle利用のメリットの比較判断)

・滑りやすいので、読んでいる途中で落としそうになる

(とは言え、自ら十分に気をつけるようにします)

・電源が必要、初期投資が必要

(とは言え、ここはそもそものところなので、メリット・デメリットを比較して最終判断となるところかもしれません)

 

自分なりに長年試行錯誤しながら比較検討した結果、私自身の頭・心の満足度を最も高めるのは、紙の本でもなく、紙の本とKindleの2本立てでもなく、Kindleのみ利用がいいかな、ということに今のところは落ち着いています。

(補足)

私のPaperwhiteスペックはコチラです。

カバーはカナリアイエローにして気持ち明るく読んでます。

愛しのMy Kindleで読んでるんだ~という気持ちも重要なポイントになってます。