2021年「3つの『と』びら」が開く

新年あけましておめでとうございます。

2021年が始まりました。

2020年は自身が50歳を迎えた年でした。

その節目の年に、確かに「節目」であることを痛感した年になりました。

人生100年とすれば折り返し地点。

その折返し地点となる年に、改めて「原点」に立ち返ることを求められた年にもなりました。

今からちょうど1年前の2020年1月、このブログを立ち上げました。

1年前のブログを読んでみると、東京2020オリンピック・パラリンピックに触れながら、日本全体を包み込む感動への期待、モチベーションアップへの期待を寄せた内容になっています。

常に変化し続けながら、柔軟かつ前向きに対峙していくこと。

2020年に続き、2021年もそのような姿勢が求められる年になると思います。

覚悟して臨みたいと思います。

強い信念を持ち、夢と希望を抱き、未来への確固たる期待を込めて。

 

3つの『と』」とは、

一.肉体・精神・頭脳すべてを「ととのえる(整)」

二.過去のしがらみや固定概念・考え方、惰性的な慣習・習慣に「とらわれない(不囚)」

三.世の中/物事の道理・法則・原理原則を深く理解できるよう努力し、忠実に「のっとる(則)」

 

3つの「と」=Three Doors

 

2021年具体的には、

一.「ととのえる(整)」ために、適度・適切な運動楽器演奏の地道鍛錬を継続する。健全なる精神は健全なる身体に宿り、不断の継続努力は人間の底力となる。

二.「とらわれない(不因)」ために、適度なミニマリスト思考で物事を捉える。変化し続ける時代の次世代を担う子供たちと真剣に対話する。普段日常的には五感を研ぎ澄ませて厨房に立ち、料理レパートリーを増やす

三.「のっとる(則)」ために、2021年も読書や落語、映画、ネット・新聞雑誌の読み比べ、英語学習に沢山の時間を費やし、知恵を深めたい。