英語学習の方法・ツール

気分が乗らないときは学習しない、聞かない。

調子のいいときは気のすむまで学習する、聞く。

私の英語学習は、「何を」「どれくらいやるか」はその日の気分次第で思いつきで決めています。体調が悪かったり、仕事のことで考え事がたくさんあるときなどは英語が耳に入ってきません。耳に入ってきたとしても、その内容や文脈が正しく理解できません。英語が耳に心地よいかどうか、内容や文脈が理解できるかどうかは、自分の心身の状況を図るバロメータにもなっています。

私の英語学習のための基本的教材は、

◆NHKゴガクアプリ(「話す」スキルをアップ)

日常の英会話においては、中学校の授業で学ぶ英単語や文章でさえ、状況に応じて瞬時に思いつかない場合が多々あります。頭の中の机の引き出しに保管してある「英語」を、状況に合わせて瞬時に運び出してくる作業は頭の体操にもなります。

NHKゴガクアプリは、頭の体操にふさわしい学習ツールです。NHKのラジオ英語シリーズには、良質なプログラムがそろっています。テキストを買わなくても、ただ聞いているだけでも十分だと思います。できればその週のうちに2回以上同じプログラムを繰り返して聞くことにより、理解度や定着率は高まります。

私は30分~60分のウォーキング中に聞いています。人気のない朝の公園であれば、歩きながらぶつぶつ声に出してリピートしても人目はあまり気になりません。

こんな素晴らしいアプリが「無料!」。英語学習するにはとても良い時代になったなぁ、とNHKゴガクアプリを利用するたびにいつも実感しています。

 

◆Podcast(「聞く」スキルをアップ)

NHK WORLD RADIO JAPAN News や All EARS ENGLISH、Speak Up Radioなどの番組・プログラムを通勤時などに聞き流しています。

こんな素晴らしいアプリが「無料!」。良質な番組・プログラムは探せばたくさんあります。自分に合った番組・プログラムとの出会いによって、英語ライフはますまず充実していくはず。

英語学習するには実に素晴らしい時代になったことに心から感謝!。

 

◆英検(「読む・聞く」スキルをアップ)

英検準1級を取得後、次は英検1級を目指すべく単語テキストを買いましたが、、、あまりにも専門的過ぎて、私が目指す「英語学習」とは方向性が違うと判断し断念しました。とりあえず英検準1級を取得しておけば、TOEIC900点超獲得に向けての礎になります。

 

◆TOEIC(「読む・聞く」スキルをアップ)

TOEICは英語学習のモチベーション維持のために、2~3か月に1回継続的に受けようと思っています。

リスニングテスト用の教材を聞き、頭の中で回答するだけでもとてもいい頭の運動になります。

リーディングテスト用の教材を使って語彙・文法・読解を学習すると、その昔受験のために英語を必死に勉強していた頃が懐かしく思い出されます。

私は文法・語彙が問われるTOEICリーディングセクションPart5が好きです。「スピーディーに確信をもって正解の選択肢を選び、Part5は満点獲得」を目指しています。

昨年後半に2回受験しました(第245回→805点 第246回→880点)。私が目指すTOEICは「ゲーム感覚で、いつ受けても安定的に900点台獲得」というレベルです。傾向対策と試験馴れ、そして継続学習すること。これらによって達成はできるだろうと思っています。がんばります。

 

◆英語教師(「話す」スキルをアップ)

アウトプットのためには、話しをしなければなりません。今はレアジョブネイティブキャンプDMM英会話などのオンライン英会話教室がたくさんあります。どこにいても、時間が合えばすぐに英会話できるシステムもまた英語学習をする上ではとても便利なツールです。

私は以前はレアジョブを利用していました。今は近くの英会話教室で時々レッスンを受けています。レッスンと言っても、好きな映画やドラマのことを話している時間が断然多いです。ごくたまにflamingoという英会話教師マッチングサイトを使って気が向いたときに外国人の方と直接会って英会話したりすることもあります。この時もやっぱり会話の内容は好きな映画やドラマのことを話している時間が多いです。

重ね重ね、英語学習するにはとても素晴らしい時代になりました。これらの便利なツールを駆使して英語学習しない手はありません。ひきつづき、楽しく英語学習を続けていきたいと思います。

また、英語にご興味あれば、ぜひとも英語学習にチャレンジすることをおススメします。英語学習は、世界を広げてくれる素晴らしい一つのきっかけをもたらせてくれるはず、と私は確信しています。