「希望の灯」(2018年ドイツ映画)

★シネマトゥデイ解説抜粋:

「旧東ドイツ(ライプツィヒ)を舞台に、社会の片隅で生きる人々を描いたヒューマンドラマ。スーパーで働く無口な青年を主人公に、互いを支え合う、悲しみや心の傷を抱える人々のささやかな幸せを映し出す」

★今思ったジャンル:

静かでつつましく、ほのぼのした生活ドラマ

ふ〜〜〜って安堵してみ観終えることができる映画

★今頭に思い浮かぶこと:

東西ドイツ

ライプツィヒ

フォークリフト

コーヒー

タトゥー

見えない海

G線上のアリアと今の音楽

東ドイツのクリスマス

静かだけど遠慮無く

消費(賞味)期限切れの食糧をガツガツめっちゃ美味しそうに食べてた

控えめなやさしい声かけ

旧東ドイツが舞台の映画というだけで興味が湧く

ネットが無かった頃のコーヒータイムってどんな感じだったのか、よく思い出せない。。。

★公式サイト:

http://kibou-akari.ayapro.ne.jp/