「〈勝負脳〉の鍛え方」林成之著

勝負脳の鍛え方

「〈勝負脳〉の鍛え方」(講談社現代新書)林成之著 序章   脳を知れば勝てる 第1章 脳はこんな働き方をしている  1.「意識」「心」「記憶」は連動している  2.イメージ記憶とは何か  3.こうすれば頭はよくなる 第2章 これが勝負脳だ  1.「心・技・体」の落とし穴  2.勝負脳を全開させる9つ 【..... 続きを読む】

「バカの壁」養老孟司著

バカの壁

「バカの壁」(新潮社)養老孟司著 第1章 バカの壁とは何か 第2章 脳の中の係数 第3章 「個性を伸ばせ」という欺瞞 第4章 万物流転、情報不変 第5章 無意識・身体・共同体 第6章 バカの脳 第7章 教育の怪しさ 第8章 一元論を超えて 最近は昔読んだことのある本を再読する機会を増やすようにしてい 【..... 続きを読む】

「現代語訳『論語と算盤』」渋沢栄一著

論語と算盤

「現代語訳『論語と算盤』」(ちくま書房)渋沢栄一著 NHK大河ドラマ「青天を衝け」では「日本資本主義の父」たる渋沢栄一氏が主人公。『論語と算盤』は読んだことはありましたが、かなり時間も経っているので、その細かな部分の記憶を呼び戻すため再読することにしました。 正論、道理、本筋、王道、本質、、、そのよ 【..... 続きを読む】

「学問のすゝめ」福澤諭吉著

学問のすすめ

「学問のすゝめ」福澤諭吉著 ふと何気なく「学問のすゝめ」を手に取ることがあります。読み方はいろいろ。全編を読み通すこともあれば、その時の自分に必要な章だけを読むこともあります。読むと心も頭もスッキリ晴れやかになります。 一見複雑に見えることも、「学問のすゝめ」を読めばシンプルに見えてくるように思いま 【..... 続きを読む】

「Think clearly」ロルフ・ドベリ著

Think clearly

「Think cleary」(サンマーク出版)ロルフ・ドベリ著 私たちの脳の進化は、あまりに早い文明の発展スピードに適応できていないらしい。時代に合わない脳で複雑な現代社会を生きようとする私たちは、当然、考え方においても生き方においてもミスをする。そうしたミスを防いで、よい結果をもたらすようにふるま 【..... 続きを読む】

「自分の運命に盾を突け」岡本太郎著

自分の運命に楯を突け

第1章 もっと「自分」をつらぬいてみないか 第2章 「すごい!」という感動が起爆剤だ 第3章 キミも人間全体として生きてみないか 第4章 下手でも自分自身の歌を歌えばいいんだ 第5章 キミ自身と闘って、どう勝つかだ   ちょうど1年前、緊急事態宣言が出され、先が見通せない不安が世の中全体を 【..... 続きを読む】

「負けに不思議の負けなし」野村克也著

負けに不思議の負けなし

「負けに不思議の負けなし【完全版】上・下」(朝日文庫)野村克也著 名将野村克也氏の逝去からちょうど1年。 本書自体は、1984年3月刊行「組織戦の時代  プロ野球 野村克也の目」と1985年3月刊行「プロ野球 監督たちの戦い」を加筆・修正し、上下巻にして刊行されたもの。 今から約35年前に刊行された 【..... 続きを読む】